×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鶴見緑地

鶴見緑地は、鶴見緑地公園(正しくは花博記念公園鶴見緑地)を省略した呼び名で定着しています。
平成2年(1990年)には、「国際花と緑の博覧会」の会場にもなりました。通称は「花の万博(花博)」ですね。
大阪を代表する公園のひとつで、大阪市と守口市にまたがる面積100ha以上の広大な公園です。
みどころは、四季折々に咲く水仙、菜の花、桜、チューリップ、バラ、サルビア、コスモスなどの花やメタセコイアの並木、桃、桑、柿、梅などの木々、大芝生もあって散策しながら自然を満喫できます。
スポーツ施設は、陸上競技場、テニスコート、サッカー、プール、スポーツセンター・体育館などがありますから運動にもいいですね。外で食べる食事はおいしいですよね。バーベキュー施設もありますよ。
入園料は、無料ですが、公園内の施設には有料のものもあります。詳細は公園事務所に問い合わせしてみてください。
駐車場(有料)もありますから、ご家族づれのお出かけにもいいですね。
お年寄りや身体の不自由な方のためには、電気自動車を利用できます。(周回道路で運行されています。)
6歳未満の幼児と65歳以上の方や障害者の方は無料です。(その他の方は100円です。)

鶴見緑地近くの鶴見はなぽーとブロッサム

鶴見緑地近くには、鶴見はなぽーとブロッサムがあります。
鶴見はなぽーとブロッサムの外観は、月下美人の花をイメージしており、特徴的で遠くからでも目立ちます。
鶴見はなぽーとブロッサムには、1F・2Fに鶴見花き地方卸売市場があります。
花や木とその加工品を扱う卸売り市場のため入場はできません。(学校関係の見学の申し込みは受け付けてもらえます。)
3F・4F・5Fにはブロッサムアウトレットがあります。所謂アウトレットパークですね。
ブロッサムアウトレットには、スポーツ関連ブランド、ファッション関係ブランドのショップが数多く入店しています。
いずれも人気ブランドの直営店になっています。
アウトレットとは、在庫処分品を意味することが多く、市販の正規価格より格安でブランド品を購入できるためファンが多いです。
イベント用のステージもあるためコンサートも行われています。

アウトレットと鶴見緑地以外のアウトレットパーク

鶴見緑地の鶴見はなぽーとブロッサムで販売されているアウトレットとは、
旧モデルの型落ち商品やメーカの製造時の傷がついた商品、ショールームなどで展示されていた商品のことをいいます。
アウトレット商品を購入される際は、よく傷や汚れをチェックして下さい。
アウトレット商品は、メーカーやブランドが直接販売していることが多いです。
アウトレット商品の魅力は、何といっても価格です。定価の50%〜80%オフが多いですから
傷、汚れ、痛みなどをよくチェックして購入するとお得ですよ。
旧モデルの商品だと新品と変わらない場合もありますね。
鶴見緑地以外にも全国にアウトレットパークがあります。アウトレットモールとも呼ばれます。
例えば、北海道には小樽アウトレットタウンWALL(小樽市)、東北は、仙台ヒルサイドアウトレット(宮城県仙台市)、
関東には、横浜ベイサイドマリーナ(神奈川県横浜市)、関西は、マリンピア神戸ポルトバザール(兵庫県神戸市)
九州には、マリノアシティ福岡(福岡県福岡市)、沖縄は、沖縄アウトレットモールあしびなー(沖縄県豊見城市)
などがあります。一度お近くのアウトレットパークに足を運ばれてはいかかですか。

Copyright © 2007 鶴見緑地周辺のおすすめポイント